外為投資(FX)の判断

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

外為投資(FX)の判断


外為投資とは、実際にはどのように取引をするのでしょうか。

基本的には、「ある通貨を買い、ある通貨を売る」取引をすることになります。一般的には、円とある通貨の取引となります。例えば、「円を売ってドルを買う」といった取引です。

「外為投資は、例えば30万円の証拠金を預け入れれば、取引業者が決めた金額の範囲内で、自由に為替取引が出来る投資」と言うことです。

さて、仮にドル円で取引をする場合、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを売るか」、どちらかを決めなくてはなりません。

その際の判断になる代表的な材料として、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があります。


ファンダメンタルズ分析とは


国の経済力を計るための「経済の基礎的な条件」と略され、具体的には、「経済成長率」「国際収支」「金利」「物価上昇率」「失業率」などが挙げられます。
2004年には、国際収支に注目が集まりドル安となりました。いわゆる、米国の双子の赤字と呼ばれるものです。逆に、2005年には「金利」に注目が集まり、ドル高となりました。


テクニカル分析とは


過去の為替変動をチャート化し、今後の為替の動きを予想するものです。代表的な「ローソク足」に加え、「移動平均線」「相対力指数」「MACD」「一目均衡表」などがあります

また、上記2つ以外にも、星の動きを判断にする方もいます。満月の日に「人民元の切り上げがある」などですね。あるいは、単に野生の勘で取引をする方もいるかもしれません。

そうした判断材料を元に、「ドルを買って円を売るか」・「円を買ってドルを売るか」を決めるわけです。



外為投資(FX)の判断 作成日:09/06/28-03:03 更新日:09/07/12-23:42

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.