外為投資(FX)の投資戦略

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

外為投資(FX)の投資戦略


ここでは、基本的な投資戦略をご紹介します。本屋やWEBでは、様々な投資戦略が販売されています。しかしどんな複雑で高度な投資戦略でも、それは基礎の組み合わせではないでしょうか。さて、どんなに高度な投資戦略も、1つの哲学と2つの方法しかありません。


勝利の哲学 (勝ちは大きく、負けは小さく)


どんな投資技術も100%の勝利はありえません。投資100連勝という投資技術があれば、それはうそだと思いましょう。

そうなれば、「勝つ時は大きく、負けるときは小さく」を達成するしかありません。それが可能であれば、仮に1勝9敗でも、資産を増やすことが可能です。

投資を行う際には、これを徹底して行きましょう。


投資技術の方法は2つ(短期トレード(デイトレード)と中長期トレード)


次に、投資をする際には、短期投資か長期投資かがポイントになってきます。短期投資とは、1日のうちに何回も投資する頻度から、1週間程度を想定できます。一方、長期投資とは1年以上が想定できます。その間は中期投資となるでしょう。

マスコミでは、株や最近では外為投資でも、デイトレードで資金100万円を1億円にしたという成功者が現れています。一方、投資の神様「ウォーレン・バフェット」をまねた長期投資家も存在します。

お互いはお互いを非難していますが、基本的にどちらが正しいということはありません。ご自身の求める資産運用に適したほうを選べば良いだけです。

大切なことは、両者の違いは、レートの変動幅です。例えば、円ドルレートを考えた場合、一日に10円も動くことはありません。しかし、1ヶ月ならば、その可能性はあります。

そうならば、投資に勝つためには、それぞれ次のような投資戦略になります。

デイトレード>利幅狭め*勝率高め
中長期トレード>利幅広め*勝率普通

ここでの勝率は、どの程度を目標にすれば良いのでしょうか。成功したデイトレーダーでも勝率は80%割程度と聞きます。もちろん、調子が良い時は、次々に自分の予想した通りにレートが動く場合があります。しかし、それは投資時期のある一時期だけとのことと考えるべきです。

初心者の方ならば、デイトレードで勝率6割、中長期トレードで5割勝てる投資力をつけることから始めるべきだと思います。

ここで、1つの哲学と2つの投資方法の場合で、シュミレーションして見ましょう。


<<デイトレーダーの場合>>
・1ヶ月で20回の取引(1日1回程度)
・勝つ時は、0.5円。負ける時は、0.3円

利幅(勝ち分):0.5円*12回=6円
損幅(負け分):0.3円*8回=2.4円
トータル:プラス3.6円(スワップ・手数料を除く)

元手100万円で10万通貨で取引をした場合、36万円の利益です。 月の利回りは36%です。


<<中期トレーダーの場合>>
・1ヶ月で4回の取引(1週間1回程度)
・勝つ時は、1.5円。負ける時は、0.5円

利幅(勝ち分):1.5円*2回=3円
損幅(負け分):0.5円*2回=1.0円
トータル:プラス2.0円(スワップ・手数料を除く)

元手100万円で10万通貨で取引をした場合、20万円の利益です。 月の利回りは20%です。

計算は、簡便にしていますが、高度な投資技術を必要としなくても、これだけ高い利回りを達成できます。



外為投資(FX)の投資戦略 作成日:09/06/28-03:10 更新日:09/07/12-23:44

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.