労働基準法と賃金トラブル

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

労働基準法と賃金トラブル


あなたは何のために働いていますか?
いろいろ理由はあると思いますが、その理由のひとつは給料をもらうことです。つまり、「働く=賃金をもらうため」であり、このトラブルが会社と労働者との間で一番問題になっています。


賃金とは?


労働基準法で言うところの賃金とは、給料や各種手当のことを指します。つまり、労働の対価として会社から受け取るものです。よって、基本給、残業手当、賞与、退職金なども賃金となります。


ノーワーク・ノーペイの原則


ノーワーク・ノーペイの原則とは、仕事をしなければ賃金を支払わなくても良いということです。賃金とは労働に対する対価・報酬であるため、当然働かなければ支払う必要はないわけです。

具体的な例を挙げると、育児・介護休暇など働いていない期間については会社に賃金の支払義務はありません。遅刻した場合も、ストライキを起こした場合も賃金をもらう権利はなくなるのです。

ただし、年次有給休暇については労働基準法で特別に賃金支払いが義務付けられています。


労働基準法と賃金トラブル 作成日:09/10/18-01:24 更新日:09/10/18-01:24

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.