労働契約とは・労働契約書の確認

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

労働契約書を確認しよう


あなたは労働契約書をじっくりと読んだことはありますか?
労働契約書には、労働条件に関する様々な取り決め事が記載されています。しかし、しっかりと読んだことがないという人が以外と多いのです。そして、会社との間でトラブルになるのが労働契約書に関するものなのです。


まず、労働契約とは?


労働契約とは、使用者と労働者が結ぶ契約であり、労働者は労働を使用者へ提供し、使用者は労働の対価(報酬・給料)を支払うことを約束するものです。他にも、様々な労働条件が記載されており労働基準法が適用される契約となります。

基本的には書面にて交わされますが、口約束でも契約自体は成立します。ただし、口約束の場合は後から言った言わないの水掛け論になる危険性が高いため、労働契約内容を書面でもらうようにしましょう。


労働契約書の内容とは


労働契約を結ぶ際には、使用者は次のことを労働者に明示しなければならないと労働基準法で定められています。

【文書で示すべき労働契約条件】
 ・労働契約期間の有無と長さ。
 ・働く場所、従事する仕事内容。
 ・始業と就業の時間。
 ・休憩時間、休日、休暇の取り決め。
 ・給料額、給料の計算方法、支払方法。
 ・退職の規定。

【必要に応じて文書で示すべき労働契約条件】
 ・退職金の規定。
 ・賞与、手当、最低賃金。
 ・労働安全、衛生規定。
 ・教育研修制度。
 ・各種保険と保障。
 ・表彰制度、制裁制度内容。
 ・休職規定。

あなたの労働契約書にも上記のようなことが最低限記載されているはずです。
ぜひチェックしてみてください。


労働契約書の内容は絶対か?違法なら無効?


労働基準法をはじめとする労働法に違反した労働契約書は有効か無効か?
答えは無効です。

労働法は弱い立場の労働者を守るのが目的です。よって、いくら一度結んでしまった労働契約書と言えども、労働法に違反している内容はすべて無効となります。違反した内容を見つけた場合は、会社に改善を求めましょう。なお、会社が改善に応じないようであれば即刻無効とすることもできますし、労働基準監督署に違反を申告したり、会社に損害賠償請求だって可能です。


労働契約とは・労働契約書の確認 作成日:09/10/16-00:46 更新日:09/10/16-00:47

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.