投資信託購入時のチェックポイント

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

投資信託購入時のチェックポイント


投資信託を購入する場合は、まず純資産総額と基準価格に注意すべきでしょう!純資産総額はファンドの大きさで、基準価額はファンドの値段のことです。

■例えば・・・
10人の投資家が10万円ずつ投資したとします。合計は100万のファンドになりますね。この100万円が『純資産総額』です。

そして、この100万のファンドが150万円に値上がりしたとします。すると、このときの純資産総額は150万円になります。

『基準価額』はファンドの値段で、純資産総額を口数で割ったものです。つまり投資信託1口当たりの純資産価格のことです。この場合の最初の純資産総額は100万円ですから、口数の100口(10口×10人分)で割ると基準価額は1万円になります。

それが150万円になると、それを100口で割って基準価額は1万5,000円というわけですね。

このように純資産総額も基準価額も毎日変わります。ですから、購入日が1日でも違えば購入価格が変わります。もちろん投資信託を売る時にもこの基準価格が基になるので重要になるということです。

そして、この純資産総額と基準価格の推移が重要になります。この両方の価格が急に下がっていたりすると要注意です。ファンド運用トラブルや何かしらの原因で解約が増えている可能性があるからです。また、解約が相次ぎ純資産総額が少なくなり過ぎると資金不足で運用出来なくなる恐れがあります。

基準価格は通常、債券を中心に運用する安定利回り重視の投資信託より、株式などの値上がり益をねらった積極型の投資信託のほうが変動幅は大きくなります。また、分配金支払い前より支払い後は純資産が減少するので、支払い分だけ基準価格は下がりますのでその点は十分理解しておいて下さい。

この他には、投資信託購入のコスト、信託期間、収益分配方法もチェックしたいですね。

■信託期間については、初心者には無期限がおすすめです。
信託期限が決められていると、その前のいいタイミングで換金しないと損をする可能性がある為です。

■収益分配方法は再投資する方法をおすすめします。
現金でもらえるものもありますが、再投資の方が福利効果が見込めますからね!

■最後に、騰落率(とうらくりつ)もチェックしましょう!
騰落率とは、ファンドの基準価額が一定期間中にどれだけ値上りしたか、または値下がりしたのかをパーセンテージで表示したものです。

利率と同様にパーセンテージ表示されますが、大きな違いは利率が年換算であるのに対し、騰落率はあらかじめ決められた一定期間中における基準価額の上昇・下落率を示します。

たとえば過去3カ月の騰落率10%は、あくまでも3カ月の間に基準価額が10%値上がりしたことを意味するのです。この数値が高いほど運用実績が良いことになります。しかし、短期で急に値上りしたものは、逆に大きく値下がりするリスクもあります。

自分に合った投資信託を見つけてみて下さい。




投資信託購入時のチェックポイント 作成日:09/06/28-02:25 更新日:09/10/08-23:35

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.