投資信託の運用方法(アクティブ運用とインデックス運用)

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

アクティブ運用とインデックス運用って何?


投資信託は、あらかじめ運用方法が決められているものです。そして、株式投資信託の代表的な運用方法が2つあります。それが、『アクティブ運用』と『インデックス運用』です。


アクティブ運用とは?


ファンドマネージャーが、日経平均株価指数やTOPIX(インデックスと言う)を上回る運用を目指し、独自の判断で投資対象、銘柄、投資金額を決定し運用を行う方法です。

ファンドマネージャーの相場観や分析能力によって、銘柄を入れ替えて運用すると言う特徴があります。

したがって、そのファンドの成績は相場全体の動きよりも、ファンドマネージャーの運用方針に左右されることになるのです。

ただし、投資の対象や運用手法をは、ある程度限定されます。もともと投資信託は運用対象や方法がある程度限定されているものですからね!

例えば、『it関連株で運用します!』と言う投資信託なのに、マネージャーが勝手に建設株を買うわけないですよね!

今は、このアクティブ運用型の投資信託が主流です。アクティブ運用は、ハイリスクハイリターンなので、インデックスが低迷している時に人気が出るようです。
『ハイリターンが欲しい!』『株式に近い投資信託がしたい!』と思う人向きですね。


インデックス運用とは?


日経平均株価指数・TOPIXと同じ収益を上げることを目的とした運用方法です。

インデックス運用のメリットは、運用成績が分かりやすいことでしょう!皆さんがニュースでよく聞く、『日経平均株価指数』や『topix』の動きを見ていれば自分の投資信託も上がったのか?下がったのか?が分かります。

ただ、インデックス運用はファンドマネージャーの相場観を反映させずにインデックスに連動させるため、その成績も全体を反映したものを超えるものにはならないと言う点です。

「経済の動きや各業種の細かいことは分からないけど、株式市場全体は活況るかも?」と言った予想だけで投資を行う場合には、便利な投資信託でしょう!
一概には言えませんが、初めて投資信託を購入する場合には、分かりやすいインデックス運用型を、株式投資に近い感覚で購入するならアクティブ型をを選ぶと良いという意見もあるようです。



投資信託の運用方法(アクティブ運用とインデックス運用) 作成日:09/06/28-01:58 更新日:09/10/08-23:33

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.