中古マンションの耐震性と築年数

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

中古マンションの耐震性と築年数


中古マンションの安全性・耐震性・耐久性をチェックするためのポイントは以前お伝えしましたが、築年数からもある程度その耐震性を判断することができます。建築時期によって耐震性に違いが見られるのです。その理由は建築基準法の改正に関係しています。


理由なく安い中古マンションには注意!


2005年に社会問題にもなった耐震強度偽造事件からマンションは安全性・耐震性・耐久性に問題があるのではないかと心配している人も多いのではないでしょうか?確かに、耐震強度偽造事件のような物件を購入してしまっては不安ですし、一生に一度の買い物でそのような失敗はしたくありませんね。ただ、このような事件はマンションだけに限られたことではなく戸建て住宅にも言えることです。

このような被害を避けるためには十分な物件の選択が必要ですが、特に理由もなく相場から異常にかけ離れた安い物件は十分注意しましょう。耐震強度が偽造されたマンションを買った方の多くが「すごく安かったから買ったのが間違いでした」と後悔しているようです。上手い話には裏があると思った方が良いですね。


1982年以降の中古マンションを狙え!


さて、上記のような詐欺的被害を除いて考えると建築時期・築年数から耐震性を判断することができ、1982年以降がしっかりとした耐震基準の下建築されていると判断できます。つまり、1981年に建築基準法が改正されしっかりとした耐震対策がなされているようです。

阪神・淡路大震災における実際の被害においても、1981年以前に建てられたマンションの方が被害が大きかったようです。もちろん、築年数が古くなればそれだけ老朽化していることも原因と考えられますが、耐震設備に関する法規制がなかったことの方が被害が多かった理由と考えられています。

ちなみに、2005年の耐震偽造問題を受けて2006年にも建築基準法の大きな改正があり、罰則も厳しくなっていますので2006年以降のマンションはかなり信頼しても良いかも知れません。


中古マンションの耐震性と築年数 作成日:09/09/27-11:11 更新日:09/09/27-11:11

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.