中古マンションの安全チェック

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

中古マンションの安全チェック


中古マンションは新築マンションと比較して安全性のチェックで軍配が上がります。


新築マンションは現物チェックができない


新築マンションの場合は、現物を見ることができないのがほとんどです。新築マンションは「図面買い」と言われる方法で購入を決めてしまいます。つまり、モデルルームとパンフレットに記載されている情報を元に購入を決定することになります。


中古マンションはすべてチェックできる


新築マンションと比較して中古マンションはより多くの情報を現物を見ることで確認できます。まず、建物は1年くらいしないとその強度や耐震性が目で確認できないと言われています。もちろん、1年間問題なければその後もずっと問題ないかといわれるとそうではないのですが、マンションのコンクリートの質や強度を確認することはできます。

マンションはコンクリートでできているわけですが、コンクリートは1年位経過しないと安定しないといわれています。つまり、質の悪いコンクリートを使っていた場合、新築の時は問題なくても、1年経つと色々な所に細かいひび割れなどが発生するのです。マンションの強度、耐震性、耐用年数を決定する要因としてコンクリートの強度は大きな役割を果たしていますので、その質を確認できるということは中古マンションを選ぶうえでの大きなメリットとなります。


安全性のチェックポイント!


・外壁や通路やバルコニーにひび割れがないか?
・角になる部分のつなぎ目に亀裂やひびがないか?
・タイルがはがれていたり、浮いていたりしないか?
・室内の壁に水の流れた跡やシミがないか?
・窓の締り具合いに問題がないか?建てつけが悪くなっていないか?
・床にボールのようなものを置いてみて、勝手に転がらないか?


チェック項目は安全性だけではない!


マンションの強度や耐震性などだけでなく、日当たり・風通し・騒音・空間の広がりなど多くのものを購入前にチェックすることができます。その上で納得して購入できるわけですから、大きなメリットとなりますね。


中古マンションの安全チェック 作成日:09/09/17-13:13 更新日:09/09/17-13:13

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.