中古マンション購入諸費用は1割

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

中古マンション購入のための諸費用はいくら?


中古マンションを購入する場合にはいくらの諸費用がかかるかご存知ですか?頭金なしと言われても、少しは自己資金がなければ中古マンションといえども購入できませんのできちんと理解し準備しましょう。


中古マンション購入時の諸費用は1割必要


マンションを買う時、ほとんどの方は住宅ローンを借りると思いますが、物件そのものの購入資金だけしか借りれないのはご存知でしょうか?

そもそも、中古マンションを買う時には物件価格以外にも約1割の諸費用が必要となります。下記が諸費用の例です。

・印紙税…売買契約書にかかる税金。
・登録免許税…所有権移転登記にかかる税金。
・登記手数料…所有権移転登記手続きを司法書士に頼むための手数料。
・不動産取得税…税金。築年数により軽減措置があります。
・仲介手数料…不動産業者への手数料。物件価格の3%+6万円くらい。
・修繕積立金など。

上記の諸費用を合わせて物件価格の6%程度は最低必要となるでしょう。


住宅ローンを借りる時に必要な諸費用


なんと住宅ローンを借りる時にも諸費用が必要になります。お金がないからお金借りるのに諸費用が必要なんて辛いですね。。。下記が諸費用の例です。

・事務手数料…金額は借入先によって変わります。
・印紙税…住宅ローンの契約にも税金がかかります。
・登録免許税…住宅ローンの抵当権設定登記にかかる税金。
・登記手数料…住宅ローンの抵当権設定登記を司法書士に頼むための手数料。
・ローン保証金…保証会社へ支払う手数料。連帯保証人がいれば不要になる。
・団体信用生命保険料…通称”団信保険”
・火災保険料など。


その他の諸費用


上記以外にも、引越し代、カーテン・電機などの家電製品や家具、リフォームやリノベーションの費用などなど。思っていたよりも諸費用が必要となりびっくりすることが多いかも知れません。マンション購入の際にはしっかりとそれなりの金額を蓄えておきましょう!


中古マンション購入諸費用は1割 作成日:09/09/27-14:01 更新日:09/09/27-14:01

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.