自分を売り込む

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

自分を売り込もう


今の時代、商品を売ることよりも、まずは自分を売り込むことが大切です。 この世の中、同じような商品・サービスが氾濫しています。商品・サービスに差別化(商品の質や価格)を求めることは、難しい世の中になっています。

では、自分の商品・サービスをどうやって売るのか?

商品・サービスに差別化を求めることが出来ないのであれば、商品・サービスを買う場所、つまり、自分を他社と差別化して販売すればいいんです。私から商品を買ってくれれば(私と取引すれば)、あなたは得するんです。と言うことをアピールしましょう。

そのためには、まず自分がどんな人間か、自分と取引すればどんな得があるのかをお客様に分からせればいいわけです。

約束を守る、時間を厳守する、身なりを整えるetc・・・自分を売り込む方法は色々ありますが、ちょっと変わっている方法をいくつかご紹介!


はじめて会った時には、商品を売ろうとしない。


普通の営業マンは商品を売ろうとします。しかし、私はその場で売って帰ろうとしません。

『買って下さい』と言う言葉は口にしません。

まず、これだけで他の営業とちょっと違うな!?と言う印象を与えることが出来ます。

相手によるのですが、仕事の話を全くしない時もあります。単なる世間話ししかしないときもあります。(世間話しのなかから、お客様の色々な情報を収集しますけど・・・)

第一印象は大切です。まず、お客様の印象に残るようにしましょう。


お客様に必要ないものは売らない!


例えば、保険を売るとしましょう。あなたは、お客様から、5億円の生命保険に入りたい!と言われたらどうします?

喜んで、契約を取るでしょう。

しかし、私だったら・・・

『○○の理由から、あなたに5億円は必要ありません。もう一度考え直してください。考えて頂いてそれでも必要だと思われるのであれば、喜んでご契約させて頂きますが・・・』と言って、その場で契約しません。

こうすれば、お客様は『自分のことをちゃんと考えてくれている人なんだ』って思ってくれますし、無駄なお金を払わずにすめばすごく感謝されます。


何でも話せる相談役になる。


私は、お客様の相談役になろうと心掛けています。

例えば、自分が売ろうとしている商品がお客様の要望を満たしていない場合、私は、お客様の要望に合う、他社の商品を勧めることもあります。お客様が困っている、悩んでいることが分かれば、自分の仕事に関係ないことでも、親身に相談に乗ります。

こんなことをすると、多くの場合びっくりされます。そして、信頼を勝ち取り、いろんなことを相談される、相談役になることが出来ます。

こうなれば、こちらの勝ちです。

お世話になっている人、自分の為に見返りを求めず何かしてくれる人にはお礼をしたくなるものです。

この心理により、こちらからか「買って下さい」と言わなくても、「売って下さい」って
言われるようになります。


自分を売り込む=信頼を勝ち取ると言うことです。

信頼関係があれば、お付き合いは長く続きます。目先の利益よりも、長い付き合いのなかでの利益を目指しましょう。


しかし、時と場合によっては(リピーターにならないお客様への販売etc・・)この限りでは無いと言うことだけ、最後に付け加えておきます。



自分を売り込む 作成日:09/08/22-00:23 更新日:09/08/22-00:23

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.