アイディアの発想(needsではなくwants)

年収調査・お悩み相談|サラリーマン掲示板

年収・貯金
業種別年収
節税対策
節約術
仕事術
労働法
投資信託
FX
転職
健康法
マンション
RSS
ツイッターでつぶやく

ニーズ(needs)でなくウォンツ(wants)でアイディアを出す


商談をまとめるためには、相手のニーズを考え、相手のニーズを満たすためにはどうすればよいのか?どのような商談展開に持ち込めばよいのか?と考えます。

もちろん、人は自分の欲望・ニーズを満たすために消費行動を起こすため、相手のニーズをつかみ、ニーズを満たす商談を行うことは間違いではありません。


しかし、「相手のニーズは何だろう?」と考えるとどうしても一般常識的な考えに至ってしまいます。相手の考えを想像しようとするため、常識と逸脱しないありふれた考えしか生まれません。新しい発想が生まれにくいのです。

そこで、「needs」ではなく「wants」で考えると言うこともたまには必要でしょう。wantsつまり「自分が欲しい」で考えるのです。

そうすると「人はどう考えるんだろう?」と言う思考回路から「自分だったらこう考える」と言う発想になります。自分本位で物事を考えるため、発想の自由度は高まります。そして、新しい奇抜な考えが生まれる可能性が高くなります。

また、「needs」は一般常識や統計、過去の経験からの発想になりますが、「wants」は自分の感情が発想の原点となるため、他と差別化を図れる考えが生まれやすくなるでしょう。

こうして生まれた奇抜で新しい考えが商談をまとめるキーとなることもあると思います。

たまには「他人本位」でなく、「自分本位」で物事を考えてはいかがでしょうか?
「needs」ではなく「wants」です。



アイディアの発想(needsではなくwants) 作成日:09/08/10-22:11 更新日:09/08/10-22:11

このサイトをツイッターでつぶやく!っていうか、つぶやいて・・・

copyright © 2004年-2014年 サラコミュ! All rights reserved.